テーマ:洋楽カラオケ

『Fly Me To The Moon』:「10周年ですよ」と事務局より連絡いただきました。

あ~、そうなんだ、もう10年経ったんだなぁと、過ぎ去った年月に啞然とした状態で、口ぱっくりです。 驚きますね、今はよれよれですが、それでもここまで続くとは。 さて、10周年、どんな曲をと思っても、鮮度の落ちた曲ばかりで。最近は新たに開拓していく気力もなくて。 むさい唄ですが、10周年にふさわしいかどうかは、、、と…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

『The Look Of Love』:DIANA KRALLのカバー曲です。あちらでカバーと言うかど

店でカラオケの曲目リストの分厚い本を見ていて、目に留まった『The Look Of Love』。??DIANA KRALL??この曲は昔確か誰かが歌っていたよね、、、そう、ダスティ・スプリングフィールドだったですね。それをDIANA KRALLが見事に唄っています、というか演奏しています。向こうでは、オリジナル、カバーなどという使い分け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『The Music Played 』:はて?、、、この曲は・・・?

『はてなの茶碗』???この茶碗、3ドルで買って、222万ドルで落札。 まさに落語の、『はてなの茶碗』を地で行ったような話題です。 もし、You-Tubeがうまく繋がっていれば、とくとご覧あれ↓ 御用とお急ぎの無い方は、25分間ほど。『はてなの茶碗』です。 今度の曲も、「はてな?」と首をかしげてしま…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

『White Christmas』:ビング・クロスビーのってリクエストを頂きまして・・・

前の記事で申しました、、、私の暦、1カ月先取りしてもはや1月中旬。 X'masも正月も省略しようと考えましたけど、リクエストを頂いた曲の中で シーズンにジャストフィットしている曲がありましたので、、、 定番ではありますが、、、どうかヨロシク・・・           {%ベルhd…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

『Fly Me To The Moon 』:Astrud Gilbertoの曲、、、のつもりですが。

知っている人は知っている・・・ボサノバの女王、Astrud Gilberto。 彼女の「イパネマの娘」が私がボサノバを聴くきっかけに。 『Fly Me To The Moon 』 : 歌/Astrud Gilberto  曲・詞/Bart Howard 「新世紀エヴァンゲリオン」にも挿入されて、アラサー世代…
トラックバック:0
コメント:17

続きを読むread more

『Those Were The Days』:この曲の日本語タイトルは『悲しき天使』でした。

決してCMするつもりではないのですが、このCMのBGM。 68年製ですから、あの頃を生きて来られた方たちには魅かれるモノが・・・ キャッチコピーは・・《肌は、まだ、まにあう》 皆さ~ん、まだ間に合うそうですよ~~~!! そう言えば私、先…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

『Green Fields』:Brothers Four の曲です。この曲も当時大好きでした・・・

この部屋は、ギネスに認定された世界一静かな場所だそうです。 人が動く音や設備の稼働音など、世界には何らかの音がしています。 しかし、ミネソタには全く音がしない真の沈黙が味わえる部屋がある。 それがこの部屋らしい。人間の可聴範囲で最も小さい音は 0デシベルだそうですが、それをさらに下回るそうです。 この部…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

『The House Of The Rising Sun』:洋楽懐メロ。Animalsでした。

さ~、寒くなってきましたね。これが当たり前なんでしょうが、 寒さにはからっきし弱い私です。夏も弱いですけど。。。 まぁ、暑さ寒さも・・・ひがんで、、、ます。 今回の曲は、頑張ってみました。って、何を?それは聴いてみれば・・・ 唄い始めていきなりハイテンションですから。 …
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

『枯葉』:枯葉のシーズンには少し早いかと思いますが、10月に入って急に寒さがやってきました。

今夜は本格的に冷え込むと天気予報で言っています。 どうもここ最近、天候不順が続いています。 この位は地球にとっては何の不思議もない当たり前なのでしょうが、 日常的に人間が生きていく為には限度というものがあります。 私は寒がりで暑がりだから、限度の幅が結構狭いんです。 さて、ちょっと気が早いのかと思いますが、…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

『Dio come ti amo』:1966年、サンレモ音楽祭で優勝した曲でした。

いつもは晩秋に収穫するのですが、今回は春に播いてみました。 なかなか葉っぱばかりが大きくなって、根っこの方はホントにちっぽけ。 やはり素人だからねぇ、仕方ないよね。。。 もっと深く耕しておけばよかったなぁ・・・なんて思っていました。 でもね、これが種の入っ…
トラックバック:0
コメント:13

続きを読むread more

『Blue Christmas』:どうも最近洋楽づいちゃって・・・E.プレスリーの曲です。。。

「安芸灘・観音崎」にて          「散る桜 残る桜も 散る桜」 良寛の辞世の句として有名ですが、人の命を桜に見立てたこの句は、 特攻隊の遺書にも随所に散見されるそうです。 文芸春秋の特別企画、【弔辞・劇的な人生に鮮やかな言葉】の中に、 『横山やすしへ  君はとっくに僕を追い越えていたよ  横山ノック』 …
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

『Quizas Quizas Quizas』:30年代頃よく流れていました。パンチョスにキングコール

こんなのアリィ~~~~????? これは、かつ丼の大盛。。。当然普通のかつ丼もあります。 そして、メガかつ丼というのがあります。今だけ限定って書いてあります。 てなことで、私、注文しました、「メガかつ丼」。 店のおばさんから出た言葉、、、「お客さん、本当に食べます?」 ・・・…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

『And I Love Her』:洋楽では初めてThe Beatlesです。

またまたまたまた食べる話で、、、恐縮でございます。 えっ?「恐縮しているんなら、控えろッ!」ですか?それもそうですよね。 そう言えば、先頃亡くなられた芸能レポーターの梨本勝さんの突撃取材、 切り込みが、「恐縮ですが・・・」でした。 そう言いながらどんどん切りこんで行ってましたね。言葉…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

『Those Were The Days』:最近TVCMで流れていますが・・・メリー・ホプキンの曲

日曜日に、また安芸灘とびしま海道に行ってきました。 前回は出発が遅かったので、行けなかった処を探索しました・・・ 何でこんなに何度も行くのか、、、 天気が良ければとてもいい処なんです。 女猫の瀬戸、そこに架かっているのが安芸灘大橋(片道¥700)。 「安芸灘大橋」 …
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

『By The Time I Get To Phoenix 』:チリ落盤事故、救助にフェニックスが

      VIVA!Chile!Chile!Chile! よかったです、チリ北部、サンホセ鉱山落盤事故、33人全員を救出。 チリの格言に、「今日はあなたの為に、明日は私の為に。」 まさに譲り合いの精神、「情けは人の為ならず。」という 日本の格言にも通じるものがあると、メディアで言ってまし…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

『Where do I begin. - LOVE STORY』:懐かしくも・・・唄ってみました。

もう、そろそろ止めようかなぁ・・・もう、やめようよ。。。じゃないけど・・・ いい加減、飽きてきたって言うことかなぁ。ホントかなぁ? うどんを食べにまたまたまたまた四国へ渡ってきました。 こんなに同じ言葉を並べたら、たまたまたまたまに にも見えてきますが、、、…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

『This Masquerade・G.Benson』:もう一つの『This Masquerade』

寒い日が続いていますね。桜も未だ咲き誇るのを躊躇っているようだし、 週の後半は天気が悪そうだし、この週末からかな? 毎年桜はせっかちです。その点秋の紅葉はゆっくり楽しませてくれます。 歳を経て、侘び、寂びの世界の方が合うようになった?のかなあ? さてさて…
トラックバック:1
コメント:12

続きを読むread more

『マスカレード』:久々の洋楽なんですが。カーペンターズ。

世界一高いビル、ブルジュ・ハリファ。「台北101」を遥かに抜いて完成。 人は何故こんなに高いビルを建てるんでしょうか? 狭い土地を集約的に活用するためにある・・・とすれば、 ドバイのような徒広い砂漠の中に、、、土地はなんぼでもあるし・・・ また、台北は、地震の危険性の高いところ。いくら免震と言っても・・・ …
トラックバック:0
コメント:17

続きを読むread more

『I really don't want to know.』:またまた、洋カラ懐メロ。

このカラオケブログでご活躍中のマンマさん、御目出度いこと続きですね。 お嬢さんのご出産、そして御曹司のご結婚。  でもなかなか大変だったでしょうね。くたびれを出されないように、 ゆるゆると、また元気なブログを再開して欲しいこと 他の仲間の皆さんと一緒にお待ちしています。 アキさん…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

『七つの水仙』:洋楽が続きます。ブラ・フォー。アラ・フォーじゃないよ。

さあ~、政権交代。4年前の結果とくらべて、まるで、オセロのよう。 あの時は、郵政選挙と打って出て、国民の求めている悩み、不安を 吹き飛ばしましたね。歴史的大勝利にも拘わらず、 きちんと行なったのは疑問だらけの郵政改革だけみたい。 これから始まる民主党政権は、同じ轍を踏まず、他山の石として、 国民、庶民目線で…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

『砂に書いたラブ・レター』:早くももう、秋の気配ですね。パット・ブーンの懐かしい曲です。

何だかまだ8月というのに、衣替えの時期をふと考えてしまうような涼しさを・・・ 世の中も衣替えの季節になったようですが、重いコートや上着を脱ぎ捨てて、 軽る~い気持ちにしてくれるような政治に変わって欲しいですね。 新型インフルエンザも気がかりですし、台風11号も日本に近づいて・・・
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

『ジャニーギター』:ご注文いただきました、お約束の・・・・・

あれは、5月1日のこと。。。僕のブログ開設1周年記念の記事のコメントで <しげさんにリクエスト!次の洋楽は「ジャニギター」を唄ってくれない?  私、このジャニーギターが大好きなの。>って、さよちん姉さんからのリクエスト。 <せっかくのリクエストですからね・・・・・「よ、よ、宜しおま~~~。」練習してみます。> と…
トラックバック:0
コメント:15

続きを読むread more

『You'd Be So Nice To Come Home To』:ブログ開設1周年だぞ~~~。

このブログをスタートしたのがちょうど1年前の5月1日。 最初にUPした曲は、「海雪」 それから、「ゆめかぜ」、 そして、「吾亦紅」、「ハートブレイク・ダンディー」、「ブランデーグラス」、 「恋唄(コイウタ) -2007-」、「恋人も濡れる街角」、「紅い川」、・・・^^; よう続いちょります。思えば、こんなに…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more