『望郷じょんから』

夏に台風が上陸しなかった年の冬は寒いと言われていたはずなのに、

どうも西日本は暖冬気味。先日鹿児島へ行ったら、街のあちこちに

ポピーが咲いていました。南国とは言いましても、18℃。

私の地域でも、13℃ですから、このまま一気に春に進んでいくのかと

錯覚してしまいます。いやいやまだまだ、寒さは必ずぶり返してくるでしょう。

暦の上で春を呼ぶ東大寺二月堂の「お水取り」にはまだ1ヶ月。

さて、どんなんでしょうか、北国津軽の今年の冬は。。。。。

寒いでしょうねぇ。《津軽には七つの雪が降るという、、、》。

太宰治の『津軽』の冒頭に書かれています。

新沼健治さんの『津軽恋女』にも使われています。



今回の『望郷じょんから』ですが、、、、、

「じょんがら節」「おはら節」「よされ節」を津軽三つ物とか三大民謡、

「あいや節」「三下り」を加えて津軽の五大民謡と言うようです。

その中、<津軽じょんがら節>が津軽民謡の代名詞のように言われます。

読み方は「じょんがら」でも「じょんから」でもいいようです。

因みに曲名に「じょんから」・「じょんから」の使われている演歌を調べてみたら

・ 『風とじょんがら』/吉幾三 ・ 『じょんがら恋唄』/水田竜子
・ 『じょんがら恋唄』/吉幾三 ・ 『じょんがら恋唄』/川野夏美
・ 『望郷・津軽じょんがら流れ唄』/おおい大輔 ・ 『じょんから女節』/長山洋子
 そして、『望郷じょんから』/細川たかし 里村龍一 浜圭介

あるものです。冬の演歌には「津軽じょんから」が似合います。

三曲の『じょんがら恋唄』 は同名異曲です。


いっぱいいっぱい御託を並べて、さあ、演歌です、、、私の 

『望郷じょんから』 : 唄 / 細川 たかし
            作詞 / 里村 龍一   作曲 / 浜 圭介






津軽は雪ん子 舞い飛ぶ頃よ
みんなは達者か 変わりはないか
ふる里恋しや 花いちもんめ アア・・・ア

爺さまが叩く じょんから節の 泣き三味線が
風にちぎれて 聞こえてくるよ
湯呑みの酒に ぐらりと酔えば 故郷が浮かぶ
淋しさひとつ 涙が落ちる
逢いたいよ 逢いたいね 津軽は夢ん中

明かりを消して 東京の空に 叫んでみたよ
星が流れる こころも寒い
十九の青春を 吹雪にさらし 夜行に乗った
遠い昔の 夜空が恋し
せつないよ せつないね あの娘は夢ん中

涙で詫びてる かさねた不孝
帰るに帰れぬ 土産もなしに
ふる里恋しや 花いちもんめ アア・・・ア

小泊港 お岩木山よ 花咲く頃は
船は夢漕ぐ 鴎は騒ぐ
辛さを堪え いい事ばかり 手紙に書いて
あれから幾つ 何年過ぎた
帰ろうかな 帰りたい ふる里夢ん中
帰ろうかな 帰りたい ふる里夢ん中


何だろう、北国にはとんと縁のない私もジーンときます

せつなさ、 淋しさ、 辛さ、 帰るに帰れぬふる里。。。。。


この記事へのコメント

2009年02月12日 19:49
細川たかしが歌ってるのをTVで見ても こんなにしみじみ聴いたことなかったのに…

聴いていたら 胸が熱くなりました

今日は暖かな日になり 3月上旬などの陽気といっていましたが まだまだ陸奥の春は遠いと思います…。

帰れないような 不義理はしていませんが親には弱みを見せないように頑張ってきた方も多いはず

心にしみる歌をありがとうございました m(__)m 
2009年02月12日 22:33
昨日は、いろいろと有難うございました。
さて、ブログには何を書いてよいのか戸惑っています。
暫くは歌のアップだけでやろうと思っています。

細川の歌は、キーが高いので、私には歌えません、ただ「佐渡の恋歌」だけはたまに歌うことがあります、しげちゃんさんは、この高いキーの歌を上手く歌いこなされて沁みますね、でもこのような演歌も、凄く上手く歌いますね、驚きました、素敵な歌を有難うございました。
shige
2009年02月13日 08:05
satukiさんへ
(´'∀'`)ノォハョゥ♪
いつもどうも有難うございます。
そうですよねえ、僕はこの歌を歌っているとき、ウルルンとした時があります。妙に昔が思い出されてですね。僕は大いに不義理をしてしまったから・・・その両親ももうとっくにおりませんが。。。
こんな歌も唄います、この次もチョット演歌?にしてみようかな。
shige
2009年02月13日 08:25
アキさんへ
~~~ヾ(^∇^)おはよー♪
私も中々分からないことが多くて、また、よく忘れてしまいます。ぼちぼちやっていきましょう。
ブログに書くネタは、何でもいいわけですから・・・時事ネタでもいいし、、、そうそう、昨日朝の番組で、「半径5メートルの物語を歌う音楽家秦万里子」ってありました。初めて知ったんですが、彼女は凄いし、面白いです。主婦の間で大ブレイクしているんだそうです。
『望郷じょんから』は細川たかしの特別の歌で、演歌だし、、、と思っていたら、5年くらい前ある会合で三朝温泉に泊まった時、宿のスナックで芸者さんがお客にエアー三味線でこの歌をカラオケしていたんです。あ、これ結構いける歌だなぁと思ってから挑戦してみたんです。もちろんエアー三味線まではチョット無理?ですが。
2009年02月15日 19:07
もう随分昔の話だけど、NHKのど自慢だったかな?
ブラジルの男の人がこの歌を唄ってカンカンカンカンって鐘鳴らしたことがあったの。あんときこの歌にシビレチャッタよ。shigeちゃん、何でもござれだね!
私ね、新曲覚えたよ。北原ミレイの「ベネチアの雪」とマルシアの「Yours~時のいたずら」と田川寿美の「その歌はうたわないでください」の3曲!
凄いだろ?ヾ(≧▽≦)ノ イヒヒヒー♪
それから私は妖怪じゃない!
shige
2009年02月15日 20:55
この歌、‘染みるねぇ~’って感じ。。。気持ちを入れ込みすぎると歌えなくなってしまうんです。
これっていいなぁ、と思うと歌ったみたくなります。駄目なものも多々ございますが・・・
さすが姉さん、いい歌を選びますね。すごい!!‘その歌はうたわないでください’って絶対申しませんからね、、、
姉さん、僕は‘妖精’って言ったんだよぉぉぉ~~~。
2009年02月16日 10:56
私もこの歌好きですよ
たまに歌います。「逢いたいよ~逢いたいね~」と「帰りたい~帰ろかな~」の歌詞が沁み入ります。
私にも 帰れる故郷がなくなりましたから
shigeさんは、高音を伸ばして歌いきる感じのお歌がお好きなようですね。歌って 気持ちいいですからね。
2009年02月16日 23:24
しのぶさんへ
今ね、しのぶさんのとこへコメント書いたんだけど、終わったところで操作ミスをしてパーになりました。デュエット選手権、賑やかにおめでとうございました。
そうですよ~、細川たかしさんの歌の中では一番いい歌でしょうね。故郷って、離れてしまうとどんどん遠くなっていきますねぇ。
2009年07月07日 23:31
この歌、私も、慰問にもブログでも使っていますが、
僕の方は、軽いなぁ~って思っていしまいました。
しげさんのは、貫録とどっしりとした重量感があります!
それを僕が身につけるまではまだまだですね・・
やまちゃんへ…しげ
2009年07月08日 07:49
(*゚ー゚)vオハヨ♪
やまちゃん、どうも来てくれてありがとうです。
そうですねえ、目一杯声を張り上げて、唄っちょります。
でもね、やまちゃんの歌はやまちゃんの歌で、僕はいいと思いますよ。聴いてる人たちの心を和ませる、その極意を持ってるから。ホッとする気持ちって大事ですよねえ、特にお年寄りの人たちにとっては。
有り難うございました。
2009年07月08日 23:12
ありがとうございました!
励みになります!
これからも宜しくです!
やまちゃんへ…しげ
2009年07月09日 08:36
頑張ってくださいね、応援してますよ。
時々寄らせて下さいね。

この記事へのトラックバック