テーマ:演歌

『風雪ながれ旅』:北島三郎さんの名曲です。そして、鳥羽一郎さんの『男の盾』

そうそう、年末ジャンボ、今年も売り出しましたね。 ◎1等2億円が70本、2等1億円が140本! ◎「元気に2010年賞」100万円が7,000本!(70ユニットの場合) 億万長者210名様御案内~~~ッ!!! スッゲェ~~~ッ!!! 実は僕は宝くじは買ったことがありません。いや、たった1度1枚だけあります…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

『望郷』:この曲が流行ったのも、もう遠~い昔。森進一さんの曲です。

            「枕」・・・ 枕のことですが、色々あります。抱き枕なんてのとか、低反発枕とか、 マイ枕でないと・・・、だから旅行に行くとうまく寝つけないとか、、、 そして、よ~くよく考えてみれば気になるって言えば気になるんです・・・・・ 昔の、そうですねぇ、時代劇によく出て御殿様などが使ってる、枕。 箱…
トラックバック:1
コメント:8

続きを読むread more

『駅』:つぎは~、えき~、えき~。てへ、悪ノリッ!!! 大川栄策さんの曲ですよ!!!

先週土曜日昼下がりの2時ごろから、鹿児島へ、月曜日に変わった丑満つの午前2時に無事帰ってきました。強行軍です。そんな処に息子が一人で住んでるものですから、、、用件は、部屋の片づけ、と、まあ、元気な顔を確かめに行くことだけです。今年32になるんですゥ。 さあ、関門海峡。向こう側が九州は門司の港。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

『神戸』:やっぱり「あるとおもいますッ!!」と予想した通りかな?前川清さんの曲です。

そんなにたいしたブログでもないのにぃ~~~いい、 かっこつけて予告なんてするとおぉ~~おお、 なんだか、スルーされそうな気がするうぅ~~~~う???     ・・・あるとおもいますッ!!! 阪神淡路大震災からもうずいぶん時が経ちました。 あの日、明け方にこの地域もものすごい揺れで、も…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

『みちのくひとり旅』:山本譲二さんの名曲です。

『みちのくひとり旅』・・・ぼくが、だ~いすきな、、、        ≪演歌≫ですッ!!! この曲を知ったのは、村にある数少ない近所の居酒屋。 滅多に飲みに出ないんですが、この日はチョイト出掛けました。 酔客が気持ちよさそうに唄っているのを聴いて、ビビビッときました。 発売されたのが1980年、そのくらい前の…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

『悲しみの恋世界』:前川清さんの曲です。

みなさん、こんにちは。上天気が続いてますね。 さて、GWもいよいよ終盤と、、、いや、10日まである人には中盤でございますが、ETCを付けてたら、乗用車なら何処まで行っても1000円という、信じられないような話が、現実になりました。走れ走れと車を走らすように誘導するのは、いささか地球温暖化に逆行しているのではないかという指摘は当然です。…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

『ふたりの旅路』:五木ひろしさんの曲です。。。ですよねぇ?

近頃は曲の数が増えてきたからでしょうか 同じタイトルの歌がたくさん出ていますね。 今度の『ふたりの旅路』も 五木さんのほかに 同名で、「ふたりの旅路」 里見浩太朗 「二人の旅路」は大川栄策 / 岡ゆう子 「旅路」という語を使った曲は、(演歌・歌謡曲系だけですが) 「旅路」は 杉良太郎 / 五木ひ…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

『桜、散る海』:ここらでちょっとピンチヒッター・くノ一 …松原のぶえさんの曲ですね

もうそろそろ桜の花も散りぬるを、、、ですよねえ。 けど、今年のソメイヨシノ、中々散らないで満開のまま長持ち、 桜の花を愛でるのにかこつけて、夜な夜な見物に出かけるには ほんに今年は良き年よのォ~~ でも、今日がいよいよ最後かな?こちらでは。。。{%寂…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

『冬の桑港』:「リビエラ」の方が有名かな?森進一さんの曲です。

「桑港」と書いて「サンフランシスコ」と読むんですね。 で、森進一さんの『冬の桑港』では、「シスコ」と読んでます。 名前の由来はややこしくなるのでやめときます。 『冬の…』で始まるタイトルの曲は、まあ、たくさんありますね。 四季の中で一番多そう。 森さんにも、この他に、…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

『愛がほしい』:前川清さんのバラードで、代表曲の一曲

『愛がほしい』、この曲は、アルバムの中の一曲として 昔から運転中によく聞いていました。 しかし、唄うということになると、それ程関心が無かったんです。 何年か前里に帰った時、スナックでリクエストされました、この歌を。 唄ったこと無いのに。。。。。そこは ≫酒の勢い・・・…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

『薔薇のオルゴール』:前川清さんの歌です。。。『薔薇』・・・ねぇ、( ̄~ ̄;)ウーン…

私だけ?ここまで生きながらえてきて、 まだこの『薔薇』って文字を一度でも書いた記憶が・・・ないなぁ。 私だけ?・・・・・どうしてこんな字なの? そこいくと英語って楽だなぁ。‘rose’で済むんだから。 そして、もう一つ腑に落ちないこと、、、、、 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

『望郷じょんから』

夏に台風が上陸しなかった年の冬は寒いと言われていたはずなのに、 どうも西日本は暖冬気味。先日鹿児島へ行ったら、街のあちこちに ポピーが咲いていました。南国とは言いましても、18℃。 私の地域でも、13℃ですから、このまま一気に春に進んでいくのかと 錯覚してしまいます。いやいやまだまだ、寒さは必ずぶり返してくるでし…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

『時代屋の恋』:堀内孝雄さんの歌を続けます。あんたと二人で昭和の川を・・・・

インフルエンザが流行っています。私も遅まきながら予防接種を受けました。 接種後2週間くらい経たないと効果を発揮しないと言うことですから あと10日ほどは罹らないよう気をつけていないと。 さて、前回に続いて、堀内孝雄さんの曲。確かにこの曲のイントロ、いいよねぇ~。 歌おうとしている者の心をゆっくりと静かに構えさせてくれる、そん…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

『東京発』:雨が霙に変わる頃・・・堀内孝雄さんの曲です。

『東京発』はドラマ『はぐれ刑事純情派』(テレビ朝日)主題歌 の1つです。 調べてみると、 ●ガキの頃のように(1988.5.25) から始まり、●冗談じゃねえ(1989.5.25) ●さよならだけの人生に(1991.5.25) ●都会の天使たち(1992.3.11) ●影法師(1993.4.25)●夢の道草(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『雪國』:暦はもう少しで今年も終りですね

いよいよ今年も押し迫って参りやした。5月から始めたこのブログ。 ガソリン価格の高騰、暫定税率の廃止などでもめにもめていた頃でした。 今は何とも価格は落ち着いてきて、って言うか、 この辺りでは96円までになっていますヨッ! 200円になったらどうするのか、と スタンドの電光掲示板のことを心配していたんだけれど・・・。 今はそれ…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

『冬の旅』:歌曲?いや歌謡曲です。森進一さんの…。

今年もいよいよ押し迫ってきましたねぇ。さて来年はどんな年になるのかなぁ、 と、想いを巡らせるこの時期。 今年はどうも来年になっていくのが少し怖いような年の瀬を迎えているよう…… いや、そんなのはお前だけだって? え~~ッ?私だけ~~?私だけ…、じゃないよねぇ。 だって、『みぞうゆう』なんでしょ、100年に1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『津軽海峡鮪船』:鏡五郎さん、演歌、そう演歌なの(*゚Д゚)ノダー!!

『津軽海峡鮪船』、鏡五郎さんの作品です。と言っても、『伊豆の渡り鳥』 (作詞:木下龍太郎 作曲:瀧升)ののカップリング曲、いわゆるB面の曲です。 鏡五郎には珍しい…と私は思うのですが、鳥羽一郎みたいな曲。私はこんな威勢のいい演歌は好きです。o(*^▽^*)o~♪、でも、選ぶのは私自身。(*゜ロ゜)ハッ!、どうしよう、言っちゃった。演…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『古都の雪』:浅田あつこの新曲(8/06)ですが、Of course ,not me,either.

ここ2・3日、朝晩に、秋の気配を感じさせるように、朝晩が少しひんやりとしてきました。このまま 私のブログでは珍しいでしょう?(○^▽^○)   8月6日にリリースされたばかりの超新曲の『古都の雪』です。 もちろん本人ではございません(当たり前でーす)。 歌っているのは、、、、ニャハハ (*^▽^*) 、私の口うるさい?先生とでも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『紅い川』アップしてみます。Of course, not me.

浅田あつこの「紅い川」。これもまた、いい曲ですね。いや、名曲です。 先日、と言っても去年の暮れ…か。こちらへ、「とどヶ崎」のキャンペーンにみえて。本当に寒い日でした。その中を、肩を出した衣装でお店廻り、大変な仕事です、あの仕事も。 しかし、関西弁のトークもなかなか面白くて、窮屈なほど満席のお店で約1時間楽しく過ごせました。浅田あつこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『恋唄(コイウタ) -2007-』:まだ青い、素人(しろうと)〇〇〇〇

『まだ青い素人(しろうと)浄瑠璃玄人(くろ)がって赤い顔して黄な声を出す』(蜀山人) これ、落語「寝床」の枕で使われてますが、亡くなった桂枝雀師匠の、おもろかったです。 そして、私奴も…、『まだ青い、素人(しろうと)カラオケ…』。玄人(くろ)がってなんていませんが、黄な声は出したりしてます。できるだけ、オリジナルキーに、挑戦して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more