『秋風』:吉幾三さんの曲です。良い曲作りますねぇ。( ← 中島誠之助風)

《 秋来ぬと目にはさやかに見えねども風の音にぞおどろかれぬる 》 (藤原敏行)古今和歌集

その昔授業で学びました。そのまんまの意味の捉え方でいいのではないかと思っているんですが、「れぬる」の部分を何か文法的に説明されたような。。。。それより、作者、歌人の藤原敏行さん、なんだかうちの近所にもいるような名前なんで、チョット親近感がありますね。

それにしても今年の秋はえらく積極的にやってきた感じがします。
そうなると冬も早い、でしょうね。

《 秋風や眼中のもの皆俳句 》  (高浜虚子)

《 ♪ ああ風流だなんてひとつ俳句でもひねって 》

秋は周りの景色を見ていて、ついそんな気にさせられますね。

画像

『秋風』 : 歌・詩・曲 / 吉幾三





7年前にリリースされた曲です。最近行った店で馴染みのお客が歌っているのを聴いて、練習してみました。

この記事へのコメント

2017年10月03日 05:37
夜明け前 安眠する前 ブログ廻り

今から寝るぞ・・・良い歌を聴くと良く眠れそうで^^;
心地よい、寒い、それぞれの風に秋を感じております。

政局も飽き風が吹いてますね~。
打倒自民だったはずの民主党員が保身の為に希望入りしたら、党首が自民と仲良くすると言う・・・
それでもいいの~~~。
国民の事を考えているんでしょうかね~。
あ・・つまんない事を書いちゃいました、ごめんなさい。
相変らずの高・中・低音がおんなじ声で素晴らしいですね~。おいらの高音は細くなってしまいますから・・仕方ないですが。
2017年10月04日 07:19
「秋風」しばらく聞いてなかったので忘れてましたが こうして聞きますとやはり良い曲ですね~
 吉幾三も”いい仕事してますね~”そしてしげさんも”好い喉されてますね~”と・・中島風に(笑)
 ちょっと多忙な日々が続いてますが一服の和みタイムありがとう~~ヾ(^-^)アリガトウ~♪
肥後さんへ…しげ
2017年10月05日 00:21
1年ちょっとの間には必ずやってくる総選挙。今なら大負けしないで政権をあと4年続けられる。さて表向きはどんなテーマを解散の大義にしようか。で、10%に上げる消費税の使い道の変更。とにかく解散したら必ず勝てると踏んでいたら、また小池にはまってさあ大変。民進党も女狐の騙し舟に乗って沈没。私たち一般の国民としてはいったい何ができるのか、何もできずに唖然としていますね。投票所には行きますが誰に入れたらいいのか・・・・。
唄い出しがいつも難しいです。この曲も然り。自己流ですから。
肥後さんの「望郷しのぶ酒」聴かせていただきました。素晴らしいステージでした。
さつきさんへ…しげ
2017年10月05日 00:36
この曲、かつてさつきさんもアップしていましたね。良い曲ですが、私の耳に残ったのはつい最近で、喫茶の客の唄っているのに刺激を受けてチャレンジしてみました。
吉さん、杉本さん、小田さん、堀内さん、みんないい仕事をしています。私の方は、そんなでもありませんよ。ただすきに歌を挙げているだけです。ブログですから。しかしよく続くものですね。

この記事へのトラックバック