『海に抱かれに』:私にしては珍しい最近の曲ですけど・・・。ムッ、難しい、、、。

この曲を有線で聴いた時、聴き惚れました。

私の個人的な評価ですけど、吉さんの歌では、あの『雪国』以来の曲。

私が唄っても重みが無いんですけどねェ、唄ってみました。

吉さんのあの津軽弁をベースにした訛り節。無理、無理、無理。

絵にかいたような、というか詩にある様なそんな別れの場面は
中々見つけにくくって、こんな写真になりました。
画像桟橋なのかなぁ?

画像青函連絡船



『海に抱かれに』:作詞・作曲・歌/吉幾三





間奏はサンタナの『哀愁のヨーロッパ』を彷彿される旋律。

よかったら聴いてみてください。『哀愁のヨーロッパ』

          。
          。
          。
          。
          。

   ≪ぶつぶつぶやき≫
どうも近頃疲れます。歳でしょうか、それとも・・・。

しかし、やはり、何にしても、歳であることは間違いありませんね。

「還暦以上は口を出すな」女川町の震災復興委員会の合言葉だそうで、

それだけ聞けば、淋しささえ覚える言葉ですけど、

「長期的なプラニングをするのは若い層に任せるべき、還暦以上は口を出さない」

この決断は最長老の復興連絡協議会会長 が出した提言だそうです。

先の短い高齢者が先の先まで決めてしまうのは良い事とは限らないし、

今女川町が復興の先端を走っているそうですから、、、。

因みに、女川町出身の中村雅俊さんもすでに64歳になっているそうで。

          。
          。
          。

   ≪ぶつぶつぶやき≫
安倍さんの頭の中にはあるんでしょうね。勇ましい世界が。「我が軍の透明性を上げていくことにおいては、大きな成果を上げている」。憲法9条は「陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない」と定めています。
安倍さんも溯る9年ほど前の第一次内閣の時には「自衛隊は我が国を防衛するための必要最小限度の実力組織で、『陸海空軍その他の戦力』には当たらない」と言っていたのだけれど、政治が一方的になると好きなことがまかり通って来ます。
「後方支援」の後方って何処なのか?何m?何km?何十km?何百km?
言葉だけで言えば頷かされますが、戦争に前方も後方もないと思います。
しかも武器弾薬も供給するとなれば、明らかに戦争に加担していますよね。
もし自衛隊員に万一の事があれば、日本という国の感情が変わると思います。

こんなことこそ若い人たちの意見を真剣に取り入れて行かないと、走り出したら最後、止まる事なんて出来なくなります。「♪この道は、いつか来た道」になってしまいます。人間とはいかに愚かな生き物なのでしょう。平和な日本を守るためにはこの選択しかないのかなぁ。

若者たちよ、若者たちよ、若者たちよ、・・・ってここで言ってもねぇ。
年寄りの遠吠え・・・・・・・・・・か。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

2015年03月24日 18:29
こんばんは
この「海に抱かれに」は今までの吉のメロディと少し違うな~と感じて「いたのですが、なるほど「哀愁のヨーロッパ」そこですか
吉幾三、この曲を熱く唄われますよね 強い思いがあるのかなと感じたりしてます。
でも難しい 私は聞くだけの曲に分類しました
しげさんの唄は吉とはまた違ってシャープでアクがないですね

女川町、中堅どころの町長さん頑張ってますね  
2015年03月25日 21:13
ドラマチックですねえ、この曲。
最近は作曲家として大活躍の吉さんですが、ご自分の歌ということで、新しいチャレンジもあるのかもしれません。
迫力のあるしげさんの歌声に、今一番元気で、幅を聞かせている厚き層をなす年代の力を感じて拍手!です。
さつきさんへ…しげ
2015年03月26日 07:19
おはようございます。
確かにこれまでとは違うように思いますし、前奏の最後の部分には『雪国』を思わせるメロディも織り込んでありますね。間奏の処は「哀愁のヨーロッパ」です。
私としては珍しく早い取り組み、まだこちらの喫茶店では聴いた事がありません。ホ~ント、珍しい。
女川町の復興スピードが凄く速くなっているそうです。けど、あのキャッチコピーはそのまんまやられては困りますけど、、、、。
三の君さんへ…しげ
2015年03月26日 07:34
おはようございます。
とってもいい曲です。吉さんは作って唄って大儲けです。それに自作ですと好きな事ができますね。
迫力ですか?もう一杯一杯です。これ以上無理、と言いますか、この曲を唄っていると少し喉が枯れて来ます。結構力が入っているのでしょう。私のカラオケは喫茶店専門ですから一層力が入ってきます。失敗しないようにとスリル感もあります。このようなタイプの歌を唄った後はすっきりします。ストレス発散にはもってこいです。ただ、最近は喫茶の客の平均年齢が年を経るままそのまま上がってきて、、、高齢化の波をかぶっていますね。
2015年03月27日 15:15
しげさん、こんにちは!
今日は暖かな日ですね~ そちらもサクラが咲き始めていると思います。
この吉幾三:「海に抱かれに」は初めて聴きましたが、中々良い曲ですね!
それにしても、しげさんの声は若くて、うらやましいですね~
こちらは昨年くらいから高音だけでなく低音が出なくなってきていて、ピッチが安定せず迷っています。
つぶやきですが、当方も何度もつぶやいていますが安倍首相の独断と言っていいのか、軍国化への道へまっしぐらの様相。自民党内ではブレーキを掛ける古参の議員もいないようで、また公明党も与党の一角として居心地が良いのでしょう『平和の党』の看板が流されつつありますね~安倍首相は4月29日に米議会演説で演説をするそうですが、日本の首相として初めてという栄誉もあって『大きな手土産』を持って行かざるを得ないでしょうね~ 大きなコミットメントをしてくるのではないでしょうか!
統一地方選が始まりましたが、霞んで見える野党の躍進はあまり期待できません。
このまま一本道なのかが、不安で堪りません。
ありがとうございました。
のほほ~んさんへ…しげ
2015年03月28日 07:39
おはようございます。
やっと春がやって来ました。こちらの桜は31日頃が満開と出ていました。
声ですか?そうですね、一生懸命声を張り上げて唄っています。しかし、最近ちょっと不穏な状況を感じる時があります。今までのキーでは難しい曲が出て来ました。。。時々歌詞を間違えたり、うまく言葉が出なかったり。。。年波が押し寄せてきています。
『海に抱かれに』、吉さんの曲は自分にはあまり唄えそうなものはないのですが、凄く気に入りまして唄ってみました。ぶっちゃけ結構練習しました。
I am not Abe.じゃないですけど、スピード感はありますね。それがいいのか悪いのか。ただ、山車の上に乗って自作自演?の祭りを盛り上げているのでしょうか。岸和田風なのか博多風なのか青森風なのか、しかし彼の乗っている山車に隠してあるの覆いの中身は戦車かもしれませんね。だ~れも反対しません。国会議員も次の選挙に向けてみ~んな風見鶏です。今Abeさんに反対しようものなら次の選挙に公認されないでしょうから。議員生命の死活問題です。今の政治家は明日のことは考えません。今をどう生きるかだけです。
かつて小沢さんがチルドレンたちを集めて飛ばした檄「君達が今しなければならないことは、、、次の選挙に勝つことだ」これに頷く議員が沢山いたはず。そしてそんな事を言ってしまうから・・・負ける訳です。政党政治の歪みが今顕著になって怖いですね。

この記事へのトラックバック