『ロング・バージョン』:う~ん、響が好いんだなあ、稲垣潤一さんの声・・・

みなさん、こんにちは。と言っても、目の前にいる訳でもなし・・・

まっ、いいか。さて、ちょこっとだけ古い写真を。。。

画像


さてここはどこでしょう?堰止湖らしいんですけどね。川の名は熊野川。

そう、険しい紀伊山地(山脈)を縫うように流れている熊野川。

新宮市を河口にして、紀伊半島を掌で覆うような形で流れています。

女房殿と奈良方面から、南に下って、この光景に出合いました。

川の色が信じられないほど一面この色(なに色?)だったんですよ。

どうしてこんな色してるんでしょうね?

さて、その日の宿泊目的地は、湯の峰温泉。熊野古道の真っただ中。

泊まった旅館はよしのや

ご主人も結構いい男、いい男ですよ。だけど、女将さん、、、美人、でした。

また来ようと心に誓ったものの、まだ行っちょりません。ご無沙汰ぁ・・・ですぅ。


それで、この湯の峰温泉には、「つぼ湯」という名物風呂が、、、

画像


画像


予約して、この風呂に浸かりました。確か500円。

ただ浸かるだけなんです、洗剤は使えません。まあ、いい体験をしました。




さて、今回UPした曲は、『ロング・バージョン』、稲垣潤一さんの曲でごじゃります。

チョコット調べたことをお伝えしますぅ。

作詞の湯川れい子さんが、---そうなんだ、詩は湯川れい子さんなんだ---もとは、ある女性歌手(女性歌手が誰か自体は公表されていない)への提供を予定していたけれど、それを取りやめて稲垣のアルバム収録曲とした経緯があったそうです。そして、それがシングル化という形で日の目を見る形になったとか。


『ロング・バージョン』:歌/稲垣潤一  詩/湯川れい子  曲/安部恭弘

              女優の桃井かおりさんがカバーしています。





約束しないと 責めて
 泣き疲れた姿勢のままに
  いつか軽い 寝息の君は
   急にあどけない顔して

 さよなら言うなら今が
  きっと最後のチャンスなのに
   想いとうらはらな指が
    君の髪の毛 かき寄せる

コピーのシャガール壁に
 白いシーツ素肌に巻いて
  君はあの日遊びでいいと
   酔った俺の手を つかんだ

 シングル・プレイのつもりが
  いつか気付けばロング・バージョン
   似たもの同士のボサ・ノヴァ
    ちょっとへヴィーめなラブ・ソング

そうさ窓の下は 乾いた都会の荒野

 さよなら言うなら今が
  きっと最後のチャンスなのに
   想いとうらはらな指が
    君の髪の毛 かき寄せる

 シングル・プレイのつもりが
  いつか気付けばロング・バージョン
   似たもの同士のボサ・ノヴァ
    ちょっとへヴィーめなラブ・ソング






この記事へのコメント

2009年05月26日 09:51
そげさんじゃなかった、しげさんこんちゃ!
娘んちから帰って来て何だかドバッと疲れちゃって喋るのもかったるい。でも、今日は後でブログ書こうっかな。古い歌だけど私もアップしよ。
私稲垣さんの歌ってあんまり知らないの。
でも歌詞が何とも切ないね。
昨日のテレビで裕次郎のことやってたよ。
23回忌法要を国立競技場でやる話。7月5日だって。行きたいなあ~。でも人が多くて大変そう。。。
やっぱり裕次郎は男の中の男だったんだぁ。。。
2009年05月26日 13:14
しげさん・・私はしげさんの歌ではこんなメロディの方が・・・すごい心地良いですねぇ~~
稲垣潤一の曲大好きです。

こんな所でのんびりしたいですね~
私の友達は「遠野物語」歌ったときにどうしても「遠野」を見たくなって福岡から出かけて行ったそうです。きっと熊野古道まで出かけていった人、きっといるんでしょうね。
しげ
2009年05月26日 21:28
さよちんさん
こんばんは。いらっしゃいませ。
そうですねえ、姉さんだったら、稲垣潤一は、接点がないかもォ。←失礼ですよねえ。
姉さんは、やはり裕次郎ですよ。もう23回忌ですってね。今生きてる人は、あれから23年生きてるんだあ、妙な感慨が・・・深くなりますね。
こりゃぁ、姉さん、行きそうだぞ、いやきっと行く。どこかからホワイトナイトみたいなのが現われて、、、
しげ
2009年05月26日 21:45
マンマさん
こんばんは。いらっしゃいませ。
歌は思い出を運んできます。だから、大事に唄わなきゃならんのです。
歌は気持ちを相手に伝える手段です。だから大事に唄わなきゃならんのです。
鼻歌は一人で勝手に唄えばいいけど、聴いてる人がいる訳です、少なくとも僕の場合。どんなに唄えばいいのだろうかと、100円の世界でいつも思案橋。
すみませんね、何か固いこと言っちゃったなあ。気を悪くしないでくださいね。
「遠野」ですねえ、歌のある原風景に触れてみたくなる。歌の魔力ですかね。マンマさんもそういう形で行きたいところが、、、きっとあると思いますね。
2009年05月27日 18:54
歌は思い出を運んでくる、だから大事に唄わなければ。
歌は気持ちを相手に伝える手段、だから大事に唄わなければ。
いつもしげさんの言葉は、「エッ!」と思わせる深い言葉。この言葉の意味を伝えられてる人は、何人いるでしょうね。
(マンマはわかるも~ん・・だって今教えてもらったもん)
しげ
2009年05月27日 20:58
マンマさん
こんばんは。いらっしゃいませ。
いらんこと言っちゃってますねえ。反省反省。
基本的には、ブログは、みんなで楽しく盛り上がって行けばいい、高が、カラオケですからね。
ごんぞう
2009年06月18日 12:14
ごめんなさい。あちらにブログがなかったので、違反通告してしまいました・・・色々な方がいるもので。
お詫びしますm(__)mごめんなさい。
ごんぞうさんへ…しげ
2009年06月18日 13:09
どうも、いらっしゃいませ。
そちらのシステムが分からないままに、お邪魔してしまいました。違反通告ってあるんですね。
こちらこそ、どうも失礼しました。

この記事へのトラックバック