『秋止符』

左ききのあなたの手紙  右手でなぞって真似てみる
いくら書いても埋めつくせない  白紙の行がそこにある
友情なんて呼べるほど  奇麗事で済むような
男と女じゃないことなど  うすうす感じていたけれど

あの夏の日がなかったら  楽しい日々が続いたのに
今年の秋はいつもの秋より  長くなりそうなそんな気がして

夢を両手に都会(まち)に出て  何も掴(つか)めず帰るけど
やさしさの扉を開ける鍵は  眠れない夜がそっと教えた
心も体も開きあい  それから始まるものがある
それを愛とは言わないけれど  それを愛とは言えないけれど

あの夏の日がなかったら  楽しい日々が続いたのに
今年の秋はいつもの秋より  長くなりそうなそんな気がして

春の嵐が来る前に  暖かい風が吹く前に
重いコートは脱ぎすてなければ  歩けないようなそんな気がして


暑かった夏に突然のように涼しさが舞い込んで、あまりに素早い気候の変化に、天気までが人をたぶらかすのかと…。否否、涼しくなることに文句を言ってはいけません。秋が来るのが早ければ、たぶん秋がそれだけ長くなる、♪それはーいいーことでしょう。
1979年末にリリースされたアリスの曲、『秋止符』です。詩がいい、メロディがいい、アリスが30歳頃の作品になりますね。「今年の秋はいつもの秋より長くなりそうなそんな気がして」―私の「秋の長さ」と感性的に明らかに違っております。残念。
『秋止符』   作詞 谷村 新司   作曲 堀内 孝雄




この記事へのコメント

2008年08月31日 23:34
私もこの歌は好きです。切ないですけどね。
私も左利きですし、昔、一目ぼれした人も左利きだったので この歌を聞くと その頃を思い出してしまいます。
2008年09月01日 22:23
どうも、こんばんは。お久しぶり。お盆は学業の方で忙しかったようで。
私の記憶では、ザ・ベストテンが最高潮だった頃の1曲。あの頃は他にもいい曲がありましたね。
2008年09月09日 08:42
初めまして・・・さよちんでしゅ。
先ほどはコメントありがとうございます。
いい歌ですねえ~。お声も渋くてとってもいいです。私は下手の横好き。我流でちっともまともに唄ってません。(/・ω・\) ハズカシイ♪
また遊びに来ます。
野方を通り過ぎて大手町までお勤めされてたんですねえ~。懐かしいでしょうねえ~。
昨日は新大久保に行きました。また来ます!
私のブログにもまた遊びに来てください。
コメントのお返事は(私のブログの)仕事から帰ってきてから書きますね!m(。_。;))m ペコペコ…

この記事へのトラックバック