カラオケカンターブレ60/徒然…。

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ブルー・シャトウ』:懐かしい大ヒット曲ですが、オリジナルではありません。カバー曲です。

<<   作成日時 : 2017/05/21 01:22   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 4

画像

1967年、第9回レコード大賞曲 ジャッキー吉川とブルー・コメッツ
ブルーコメッツで大ヒットをしたこの曲を高橋真梨子さんがカバーしています。
イントロを聴いてても、暫らくピンと来ないのです。まさかのようなイントロです。
この今日は、ダンスの得意な方だったら自然にステップを踏みたくなるかも…

画像


『ブルー・シャトウ』: 歌/高橋真梨子  詩/橋本淳  曲/井上忠夫





「ブルー・シャトウ」はシングル盤リリースが三回あります。
そしてその3枚ともB面が違っています。
ブルーコメッツのオリジナル盤のB面は 「甘いお話(Sweet Talk)」
1976年再リリース版のB面は 「マリアの泉」
1991年再リリース盤(8cmシングルCD)のC/Wは 「青い瞳」

「ブルー・シャトウ」は「青い瞳」・「青い渚」に続く「青い」シリーズの第三弾
そうなんだ、、、、

流行っていた当時、食べ物の名前を付けた替え歌もよく聞きました。
『もりトンカツ、いずみニンジン、かコンニャク、まれテンドン・・・・  』


          。
          。
          。
          。

   ≪ぶつぶつぶやき≫

突拍子もなくてどーでもいいことなんだけど、
今TVCMで三太郎一座が頑張っていますね。
子どもの頃のおとぎ話のヒーローでした。
で、ふと思ったんですが、浦島太郎のこと。
画像


何にも感じないで、亀と乙姫様と玉手箱にばかり気を取られていました。
おかしいと思いませんか?浦島太郎はその地の漁師ですよね。
浦島太郎は子供たちにいじめられていた亀を助けてやりました。
亀は助けてもらったお礼を言って海に帰って行きましたね。
それから少し時が経って、その亀がお礼に竜宮城へ案内しますね。
(子供のころは、どうして水に潜っていけるのかが不思議でした)
さて、竜宮城に着くと乙姫様たちの連日連夜の盛大な宴が。
はて、ちょっと待てよ?太郎は漁師だろ?
歓迎で舞い踊りをする鯛や鮃の気持ちは穏やかじゃないはず。

天敵太郎に対する乙姫たちの計略だったのではないのだろうか。
そして帰りに貰った玉手箱。乙姫たちは地上の時間を300年?後に設定して、
浜に戻った時の辺りの変わり様にどうしようもなく愕然として、
開けてはいけない玉手箱を開けて老いぼれの老人にしてしまう。
竜宮から持って帰ったのはそれだけだった?としたら、何の財産もなく
おそらく浦島太郎の最後はみじめなものだったでしょう。

目出度くも無く目出度くも無く。。。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ホント、高橋真梨子版のイントロでは「ブルー・シャトウ」だとわかりませんね
 でもなんだか真梨子さんらしいアレンジですね
唄ってるしげさんもリズムに乗って楽しそうです〜
さつき
2017/05/21 16:32
高橋真梨子さんは最近カバーをたくさん出していますが、男性歌手の物が多い。だから、とても興味がわいて唄ってみたくなります。この曲は、元歌に気づくにはずいぶん間があります。アレンジの妙味ですね。カバー曲はそれ自体に独自性を主張していると楽しいものです。
洋楽のカバー曲には本当にいろんな編曲があって面白いです。著作権なんかどうなっているのかわかりませんが自己主張してますね。
さつきさんへ…しげ
2017/05/22 23:47
高橋真梨子のカヴァー曲はタイガーズの「時の過行くままに」をよく歌います。当時は沢田研二は女っぽいと思ってました^^;
著作権・・・歌が好きでカラオケ喫茶を始めた人が沢山いるようですが、お客さんの数はほとんど決まっています。だから、店が増えるだけお客が減ってしまうのは当然です。
今年になって何軒閉めたとか聞くと、いつかはここも・・・
お客が少ないんですよ〜、おいらだけということもありますから。それと10年後には店がなくなりそうです。歌いに来るお客の年齢層が高いので、それも仕方のないことかと。

肥後
2017/05/23 09:14
高橋真梨子さんのカバー曲にはいいアレンジのものがたくさんあって楽しいです。ジュリーの声質は素晴らしいです。いろんな見方がありますが、ぴか一の一人ですね。今の若い人たちの声は、それはそれでいいのですが、時代なのかなぁ歳なのかなぁ、しっくりきません。
カラオケ喫茶は間違いなく今後衰退していくでしょうね。消えてなくなるかはわかりませんが。若者と相容れない文化の空間ですから。私の行く店の一つは結構客がいますが、高齢の常連客ばかり。日々の出逢いを求めてそれぞれが楽しい雰囲気で頑張っていますが、先を見たら、10年後なんて数字は考えられない数字かもですよ。元気だから皆さん集まっているんですけど。。。。自分もそのうちの一人・・・・
肥後さんへ…しげ
2017/05/24 08:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
『ブルー・シャトウ』:懐かしい大ヒット曲ですが、オリジナルではありません。カバー曲です。 カラオケカンターブレ60/徒然…。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる